ペット保険に入っておけば安心【動物病院にかかる費用を抑えられる】

歩けなくなったペットに

ドッグ

自作はNG

病気などで歩けなくなった犬に、専用の車椅子を使うこともわりとポピュラーになってきました。しかし、使用するにあたって注意しなければいけないこともあります。手先が器用、ものづくりが得意と豪語する飼い主の中には、犬用の車椅子をDIYで作る人もいます。自分で作れば大幅に費用を節約できるでしょう。しかし、作るには医療の知識も必要になってきます。知識がないのに作ると、犬の体に合わないものが完成してしまうでしょう。当然ながら、そのようなものを使っていれば余計に身体に負担がかかります。自作するのではなく、きちんとしたメーカーの作成サービスを利用しましょう。お金は結構かかってしまいますが、愛するペットのためです。

カスタムやレンタル

犬用の車椅子は、既製品しかないわけではないです。体型や症状に合わせてカスタムできます。最近は、カスタムしてくれるメーカーも増えてきており、好評を博しています。車椅子の性能もどんどん良くなってきました。車椅子は重そうで、負担がかかるのではないかと考えている飼い主も多いですが、そんなことはないです。最近の犬用の車椅子はフレームがアルミ製なのでとても軽いです。それでいて強度は高いので心配はいらないでしょう。また、フレームにはクッションガードやコットンカバーがつけられています。これにより、皮膚との摩擦や炎症を防ぐことができるわけです。ちなみに、犬用の車椅子は購入するしかないと思われがちですが、レンタルサービスもあります。