ペット保険に入っておけば安心【動物病院にかかる費用を抑えられる】

複数の犬

ペットショップの探し方

子犬販売をしているペットショップの良し悪しを判断するために、そのお店の環境や従業員の知識や接客態度をチェックするのは非常に大切です。気になる事はどんどんと質問をして、どんな態度をとるかというのを、確認してから購入しましょう。

動物病院にかかるのが常識

犬と医師

ペットは家族

少子化の今、子供の数よりも多いと言われるのが犬や猫のペットたちです。彼らはもはやペットという言葉すら差別と言われ、コンパニオンアニマルと呼ぶ人もいるほど、人間にとってかけがえのない存在となりました。そんな彼らは、病気の予防のために動物病院に通うのが当たり前ですので、どこか具合が悪くなったとなれば、一目散に病院に連れて行かれます。ただ、動物病院は自由診療なので料金は病院によってさまざまですし、当然保険制度もありません。けれど、今やペットのために任意で加入するペット保険が登場しています。気を付けるべき点としては、かかっている動物病院で適用されるペット保険なのかどうか、補償内容は愛犬、愛猫にぴったりなのかなどが挙げられます。

入っていると助かります

動物病院での診療は、ちょっとしたことでも結構高くつきます。手術や長く続く投薬となると、飼い主の金銭的負担も増します。だからと言ってつらそうな愛犬、愛猫をそのままにしておくこともできず、治療費と相談しながらの通院になることも珍しくありません。そんな金銭的負担を軽減してくれるのが、ペット保険です。補償の割合を選べるタイプが多く、病気がちな子なら70%以上の補償のタイプに加入しておくと、実質的な負担金額は大幅に減少します。病気になって初めて保険のありがたみがわかるのは人間にも共通していますが、ペット保険もそうだと言えるでしょう。人気がある保険のタイプとして、窓口ですぐに負担額だけを支払えるものがあります。ただ、いったん全額支払って、後で還付されるタイプは補償内容が手厚くなっていることが多いので、こちらも検討してみるのがいいでしょう。

骨壺

ペットを手厚く弔いたい

自治体の動物遺骸回収サービスを利用した場合は、火葬の場に立ち会わせてもらうことはできません。大切に育ててきたペットの最後を見届けることができないので、不満を覚える飼い主が多いです。そのため、大阪では移動火葬車を使って個別火葬をしてくれるペット火葬業者を利用する人が増えてきています。

ドッグ

歩けなくなったペットに

犬用の車椅子は医療機器になるので、自作するのはやめましょう。きちんと犬の体に合ったものを使用する必要があります。今では車椅子をカスタムしてくれるメーカーも増えています。レンタルサービスを行っているところも多いです。